光コラボ乗り換え!比較口コミ・評判

イメージ画像

光コラボを比較!
デメリットを見極めて、おすすめの光コラボと契約

●⇒私自身が体験した光コラボ転用体験談

格安光コラボプロバイダー乗り換えキャンペーン比較光スタートナビプロバイダー乗り換え

光コラボ比較/キャンペーン編

プロバイダー名
プロバイダー
OCN光
OCN 光

ドコモ光
GMOとくとくBBのドコモ光 a

ソフトバンク光
【SoftBank 光】 a

So-net光
So-net 光 コラボレーション
料金 5,100円/3,600円 5,200円/4,000円 5,200円/3,800円 4,000円/2,900円
キャンペーン 映像見るならOCN光キャンペーン
2年更新型割引
Tポイント20,000ポイントプレゼント
最大10万円まで違約金など還元
選べるキャンペーン!
割引:H4,800円 M3,800円!
Amazon商品券10,000円分プレゼント

光コラボレーションを徹底解説

電話料金が安くなる!? 光コラボレーションを知ろう!

光コラボレーションのメリットを知ろう!

光コラボレーションのデメリットを知ろう!

光コラボ比較でおさえるべきポイント

光コラボ比較ブログ

最新光コラボ記事一覧

プロバイダー名 料金 キャンペーン 備考
転用
OCN 光
5,100円/3,600円 映像見るならOCN光キャンペーン
2年更新型割引
OCN光口コミ詳細へ
転用
【SoftBank 光】 a
5,200円/3,800円 工事費全額負担!無料 おうち割光セット
ソフトバンク光口コミ詳細へ
転用
GMOとくとくBBのドコモ光 a
5,200円/4,000円 セット割で最大5,700円割引 v6プラスで混雑知らず
GMOとくとくBB ドコモ光口コミ詳細へ
転用
So-net 光 コラボレーション
4,000円/2,900円 選べるキャンペーン!割引orAmazon商品券 auセット割で安く
So-net光口コミ詳細へ
転用
DTI 光 a
4,800円/3,600円 最大18,000円キャッシュバック SIMセット割、auセット割、東京ガストリプル割で更に安く
DTI光口コミ詳細へ
転用
nifty光なら【nifty光.com】 a
5,200円/3,980円 24ヶ月割引+auセット割/最大20,000円還元 v6プラスで混雑知らず
nifty光口コミ詳細へ
転用
excite光 a
4,360円/3,360円 エキサイト光口コミ詳細へ
転用
【U-NEXT光コラボレーション】 a
ミス・モノクローム直筆サイン入りプレゼント

光コラボのキャンペーンに関して比較してみますと、割引サービスとキャッシュバックがありますが、フレッツ光の頃に比べるとまだ大人しめと言えます。


光コラボの比較ですが、この後も紹介させて頂いてます。キャンペーンに関しては、So-net光とソフトバンク光がおすすめと言えます。ただし、Tポイントプレゼントに関しては、ポイントを貯めておられる方にとってはおすすめな情報となります。


イメージ画像

OCN光

イメージ画像

光コラボによって、フレッツ光からの転用を考えていたり、新規で光回線を探している方もいらっしゃるかと思います。


さまざまな会社が光回線を提供しておりますが、プロバイダーの大手である、OCNが提供している「OCN光」が気になる人もいるのではないでしょうか。どんなサービス内容なのか、OCN光のメリット、デメリットを含めて紹介したいと思います。


OCN光のメリットから見ていきましょう。まず、月額料金が安いということが挙げられます。通常料金は、戸建てタイプで6,200円、集合住宅で4,700円の月額料金とそこまで安くありません。


でも、2年自動更新型割引を利用すると、そこから1,100円割引されます。つまり、5,100円、3,600円まで下がります。更に、その時々でキャンペーンを行っていることがあります。良いタイミングで申し込みすれば、月額料金を他社よりも安く利用することができます。


一方でデメリットは、初期費用です。契約するには、事務手数料3,000円がかかります。さらに、工事費も追加で発生する可能性があります。こうした初期費用は必ず設定されておりますが、キャンペーン等で免除されることが多いです。


でも、2017年9月まで映像見るならOCN光キャンペーンをやってます。ひかりTVとセット申し込みで月々1,080円割引、更に864円割引されます。あの4Kテレビが当たる抽選も実施中です。


公式サイト→OCN 光

イメージ画像

ドコモ光 GMO

イメージ画像

ドコモといえば、携帯電話でおなじみですが、今ドコモ光という光回線も提供しております。CMなどでも見かけるので、ご存知の方は多いでしょう。


他の光回線と何が違うのか、それは圧倒的にドコモユーザーが有利ということです。ドコモ光のメリット・デメリットは何なのか見ていきましょう。


まず、メリットから見ていくと、やはりドコモの携帯電話代が割引されることです。「ドコモ光セット割」という割引があり、パケットパックが高いプランほど割引額が高くなります。


例えば、ウルトラシェアパック100というプランであれば、毎月3,200円の割引がされます。さらに、ずっとドコモ割という利用年数に応じた割引サービスと組み輪合わせることで、さらにお得に。ウルトラシェアパック100では、さらに2,500円の割引が追加されるため、合計5,700円も安くなります。


家族で分け合えるパケットパックに加入していて、しかも利用年数が長い家庭の方には、メリットが大きいサービスです。


その一方でデメリットは、ドコモユーザー以外はそこまでお得感を感じないことです。月額料金は戸建てで5,200円、集合住宅で4,000円となっており、他社と比較するとそこまで安くありません。料金面だけを見れば、ドコモユーザー以外の方が申し込みする機会は少ないでしょう。


公式サイト→GMOとくとくBBのドコモ光 a

イメージ画像

ソフトバンク光

イメージ画像

ソフトバンクは、プレミアムフライデーとして、吉野家の牛丼がタダになったり、ファミチキがもらえたりと、いろいろと攻勢をかけております。そして携帯電話だけではなく、自宅の光回線もソフトバンク光にすると、よりお得に利用することができます。


「おうち割」という、携帯電話と自宅の光回線をソフトバンクにすることで、携帯電話の料金が安くなります。しかも家族の人の分まで安くなるため、家族全員の通信費がかなりお得になります。


料金プランによって割引額は異なりますが、1回線につき最大2,000円も割引されます。さらに、Yahoo! BB基本サービスのプレミアムに加入すれば、Yahoo!ショッピングの買い物でTポイントが最大10倍になったり、ヤフオクで出品できるようになります。Yahooのサービスもお得に利用できるようになるのも、魅力の一つです。


一方、デメリットとすれば、強制的にオプションに加入させられたりすることです。ソフトバンクは、携帯電話でも多いのですが、契約時にあれこれと店員からオプションをつけられることがあります。


キャッシュバックのためだったり、何かしらの特典があることが多いのですが、不要なオプションを付け続けると、無駄な費用が発生します。 ソフトバンク光メリット・デメリットはそれぞれありますが、ソフトバンクユーザーにとってはメリットの方が大きいです。


公式サイト→【SoftBank 光】 a

イメージ画像

So-net光

イメージ画像

So-netと言えば、格安プロバイダーとして多くの人から利用されております。そんなSo-netが光回線サービスを提供するようになりました。


その名も「So-net光コラボレーション」というものであり、こちらもやはり月額料金が安いのが魅力的です。So-net光メリット・デメリットはどんな内容でしょうか。


So-net長割という、長期で契約すればするほど安くなる割引があり、例えばマンションタイプであれば5年目以降は3,800円となります。


これだけでも他社と比較すると安いのですが、そこにさらにauセット割を組み合わせることができます。auの携帯電話を契約していることで、さらなる割引があります。


最大1,700円が割り引かれ、戸建てタイプであれば月額4,000円、マンションタイプであれば月額2,900円となります。月額料金が3,000円を下回るサービスは他を探してもありません。やはり料金面で、So-netは強みを見せております。


一方デメリットとしては、カスタマーサポートが繋がりにくいということです。通信会社のカスタマーセンターは、電話が繋がりにくいのはもはや常識になりつつありますが、So-net光もユーザーからそういった声が多数上がっております。


そこまで電話する機会は多くはないかもしれません。ただ、サポートを重要視する人にとっては、あまり向いていないかもしれません。


公式サイト→So-net 光 コラボレーション

ぷらら光

イメージ画像

ぷららといえば、NTT コミュニケーションズの主要グループの一つであり、インターネットプロバイダーとしても有名です。特に有名なのが、「ひかりTV」というサービスです。


CSチャンネルが約50チャンネル見放題になったり、ビデオオンデマンドが利用できたりと、よりテレビを拡張して楽しむことができます。そしてぷららは「ぷらら光」という光回線を提供しているのですが、契約すればよりひかりTVをお得に利用することができます。


ぷらら光メリット・デメリットをそれぞれ見ていくと、ぷらら光の月額料金は、マンションタイプであれば3,600円と他社よりも安く、しかも最低利用期間も解約金もありません。それだけでも非常に魅力的です。


ただそれよりも、セット割によってひかりTVが月額900円になるというメリットがあります。通常は2,500円するサービスなので、なんと半額以下です。合わせて4,500円でインターネットもCSチャンネルも見られるのは嬉しいのではないでしょうか。


ただその反面、安く利用するためには「ひかりTV2ねん割」に申し込みしなければなりません。これは、24カ月間の利用を条件に割引されるものなので、もし契約期間中に解約してしまうと9,000円の解除料金がかかってしまいます。


こうした縛りは他社にもありますが、解約する時期には注意しなければなりません。


公式サイト→ぷらら光

エキサイト光

イメージ画像

携帯電話や固定回線などの通信系のサービスは、料金体系が複雑だったり、分かりにくい点があります。契約期間の縛りや、キャンペーンが多すぎて結局いくらになるのか分からないなど、初心者には分かりにく部分があります。でも、エキサイト光はそういった心配はありません。


分かりやすい料金体系、そして定額でずっと安いという魅力があります。エキサイト光メリット・デメリットを見ていきましょう。


料金ですが、戸建てで4,360円、マンションタイプで3,360円と業界最安値となっております。これは、長期契約割引やキャンペーンなどを適用した後の料金ではありません。最初からこの料金なのです。この分かりやすさがエキサイト光の良いところです。


さらに、最低利用期間もありません。解約事務手数料も一切かかりません。いつまで契約しても、いつ解約してもよく、その間ずっと安いままです。こうした料金体系の分かりやすさは、ユーザーが求めていることであり、非常に嬉しいのではないでしょうか。


デメリットとしては、通信速度にやや不安な点があります。とはいえ、利用している回線は、フレッツ光と同じ回線を利用しているので、最大1Gbpsのサービスです。


本来はフレッツ光や他の光コラボの回線と変わらないはずなのですが、一部ユーザーからは速度が遅いという声が上がっております。


公式サイト→excite光 a

イメージ画像

光コラボレーションを徹底解説

今話題となっている「光コラボレーション」。光コラボレーションという言葉をよく聞くけれど一体どんなものなのか分からないという方は多いと思います。


光コラボレーションとは、簡単に言えば「光回線を使ったインターネットの新しい形」です。2015年よりスタートしたばかりですが「光コラボレーションモデル」って何?なんて今更聞けないですよね。


光コラボレーションは2015年2月にNTT東日本および西日本が開始した光ファイバーインターネット回線の新しいモデルです。


これまでNTTがフレッツ光として光回線を独占していましたが、NTTが他の事業者に光回線を卸すという形でさらなる光回線の普及を狙ったものです。


事業者は、自社ブランドとして光回線をお客に勧めることができるだけでなく、価格もサービスも全て事業者が取り決めることができます。


価格で勝負する事業者もあれば、付加サービスなどで勝負する事業者も!それぞれが「ウリ」を提案することで、より光回線の普及が高まるのではないかと期待されています。


インターネット回線は光回線だけでなくいくつか種類があるのですが、主流となっているのはやはり光回線です。安定した高速通信が特徴であることから、インターネットを必要とする家庭や企業に選ばれています。


これまでも光回線サービスは複数ありましたが、全国規模で展開してきた唯一の光回線がNTTのフレッツ光です。回線はNTTですが、インターネットを使用するためには別途プロバイダーと契約をしなくてはなりません。


NTTグループでもプロバイダーを提供していますが、どのプロバイダーを利用しても良いのがフレッツ光の良い点です。ただ、回線とプロバイダーが別になることで、回線料金の支払いと接続料金(プロバイダー)が別になるため正直面倒だといわれてきました。


それに何らかのネット障害があった時に、どちらに問い合わせて良いか分からないなんて声も挙がっていました。光コラボレーションによりISPサービスも一本化した事業者へ転用すれば、料金の支払いもサポート窓口も1本化することができます。


事業者独自のサービスから転用先を選ぶことができる事もメリットだと言えるでしょう。


イメージ画像

電話料金が安くなる!? 光コラボレーションを知ろう!

「光コラボレーション」をご存じでしょうか。最近何かと話題になっているため、ニュースや新聞、ネットニュースなどで見たり聞いたりした事があるかと思います。


言葉は何となく知っているけれど、一体どのような物なのかご存じでない方は少なくありません。そこで、ここでは光コラボレーションについて詳しく説明して行きます。


これまで光回線(電話回線)を提供していた最大事業者がNTTでした。光回線を利用されている方の多くはNTTと契約しているのではないでしょうか。


そんなNTTが提供していた光回線(フレッツ光)を販売業者にNTTが卸すという形態になったため、今後はNTTからフレッツ光を卸してもらっている業者と消費者が直接契約を交わすことができるようになりました。


これが「光コラボレーション」であり、2015年よりスタートしたサービスです。既にさまざまな販売業者がテレビCMを流しており、DoCoMoの「ドコモ光」やソフトバンクの「ソフトバンク光」が代表的な企業です。


さまざまな通信関連業者や企業がこの光コラボレーション事業に参入している事から、現在は顧客獲得のため価格競争となっているようです。


光コラボレーションを語る上で欠かせない言葉が「転用」です。既にNTTのフレッツ光に加入している方がたくさんいらっしゃると思います。


特にインターネットを使用されている方はいち早くフレッツ光を導入している事でしょう。そんなNTTと契約しているフレッツ光から他の新規事業者との契約に切り替える事を『転用』と言います。


契約しているプロバイダーが新規事業者だとする場合、そちらに転用する、また、一番料金の安い事業者へ転用するなど、自分の希望の事業者へ自由に転用することが可能です。


ただ、光コラボレーションがスタートした事により注意しなくてはならない事があります。それが転用の甘い勧誘です。


フレッツ光を利用されてきた方を中心に勧誘の電話が掛かってくると思うのですが、「光コラボを利用すると何の手続き変更もなく月額料金が確実に安くなる」というセールストークには要注意です。


その言葉に乗り、転用したのは良いけれど、月額料金が安くなるどころか高くなってしまったなんて話を耳にします。それに、あたかもNTTからの電話を装っているような話をする事業者もいます。転用をする際には十分に注意することをオススメします。


イメージ画像

光コラボレーションのメリットを知ろう!

光コラボレーションは新規参入した事業者の間で白熱した顧客獲得戦が始まっているようですが、当の消費者はまだ光コラボレーションについてきちんと把握していない方が多いと思います。


NTTのフレッツ光から他の事業者へ転用できる事は分かっていてもメリットやデメリットについてよく知らないなんて方が多いでしょう。そこでここでは、光コラボレーションのメリットを紹介して行きます。


~光コラボレーションのメリット~

さまざまなサービスや割引を受けることができる


これまではNTTのフレッツ光が主流だったため、価格競争がありませんでした。しかし、光コラボレーションが始まったことにより、そこに参入した新事業者同時の価格競争が激化しています。


もちろん、価格だけでなくさまざまなサービスを用意し、顧客獲得を行っているため、消費者はより安価な割引やお得なサービスを受けることができます。


このことから、これまで利用していたNTTのフレッツ光よりも回線使用料が安くなることが考えられます。


回線に関する契約とサービスの問い合わせ窓口が1つになる


これまでフレッツ光に加入する際は、直接NTTと契約するだけでなく代理店と契約を結んだ方が多いと思います。そのため、回線に関する問い合わせは代理店へ、サービス面や料金面についてはNTTと言うように別々に連絡しなくてはなりませんでした。


でも光コラボレーションを利用した場合、全ての窓口が契約業者となるため、面倒がなくなります。


携帯電話とのセット割がある


携帯電話会社であるソフトバンクやドコモなども光コラボレーション事業に参入しています。そのため、自身が契約している携帯電話会社の光回線へと転用すると、セット割としてお得な割引を受けることができます。


条件の良い会社に乗り換え(転用)ることができる


お得なキャンペーンを実施している会社、より安価な料金設定となっている会社に自由に転用することができます。


請求書が統一される


これまでNTTのフレッツ光を利用していた方は、インターネットを利用するにあたり請求書が幾つかあったと思います。回線使用料はNTTから、プロバイダー契約をしている会社からの請求書というように、幾つか請求書がバラバラだったと思います。


光コラボレーションによりプロバイダーに転用することにより、請求書が統一され一本化します。


イメージ画像

光コラボレーションのデメリットを知ろう!

新しくスタートした便利なシステム『光コラボレーション』による転用を既に済ました方もいらっしゃると思います。


しかし、始まったばかりの光コラボレーションの内容を把握せずに勧められるがまま転用してしまい後悔されている方も少なくありません。


これから転用を考えている方に是非知っておいていただきたいのは、一度転用するとさらなる転用ができない事です。できないという言い方は少々違うのですが、さらなる転用をしたい場合は違約金が発生してしまうのです。


メリットばかりが表立ってしまっている光コラボレーションですが、デメリットも幾つか存在しますので、見ていきましょう。


~光コラボレーションのデメリット~

光コラボ新規事業者の信頼性の有無


光コラボがスタートした時点でさまざまな事業者が数多く参入しています。今後の事業者が増加する傾向にあるのですが、消費者側から見た事業者の信頼性がどうでしょうか。


これまではNTTが契約先であったため安心して利用することができましたが、名前も聞いたことのないような事業者が増えているため心配ですよね。


料金だけを重視して契約先を選んでしまうことで何らかの不具合があるなどトラブルが起こる可能性もあります。また、業者のセールストークを信用してしまうと、契約後に以前より高くなったなんて事になるかもしれません。


信頼できる事業者を探す手間が光コラボレーションのデメリットと言えるのではないでしょうか。


料金形態が複雑化


光コラボのメリットとして料金形態が明確になる事が挙げられるのですが、逆に複雑化してしまうことも考えられます。


各事業者は顧客獲得のため、さまざまなサービスやオプションを用意しているのですが、それによりこれまでよりも料金形態が複雑化する可能性が出て来てしまうのです。


料金が安くなるのは良いけれど、料金形態が複雑化するのは利用者の負担が増えることになるので注意が必要です。


転用後の再転用が難しい


光コラボは一度転用してしまうと再び転用することができません。最初の転用時に契約期間を決められてしまうので、それが満期になる前に再び転用する場合は一度解約しなくてはならないのです。


違約金が発生する可能性が高いだけでなく、これまで利用してきた固定電話の番号も変わってしまうデメリットがあります。転用する場合は、安易に転用先を決めるのではなく、きちんと考えてからにするようにしましょう!


イメージ画像

光コラボ比較でおさえるべきポイント

光コラボ事業者は現時点で100社を超えています。そのため、転用先、新規契約する事業者を決めるのは比較してもなかなか大変です。


そこで、ここでは100社以上もの事業者の中から1つを比較して選ぶにあたり、どういった点に注目すれば良いか、そのような点を比較すると良いのかそのポイントを紹介して行きます。


比較その【1】料金の安さ

比較する光コラボ(インターネット回線)の利用料金は月額にするとそこまで高くはありませんが、年間に支払う金額を考えると50,000円以上にもなるため、できるだけ抑えたいというのが本音でしょう。


事業者を選ぶ際には、一番に料金の安さを重視したいですよね。でも安い=サービスが悪いでは、選びたくありません。同じサービスを受けられてなおかつ安いところを選びたいですね。


比較その【2】付加サービス

光回線プラス通信サービスというようなお得なセット割が人気です。スマホと光コラボをセット契約する事によりお得な割引サービスが受けられるのは魅力的です。


比較その【3】通信品質

「これまでと一切通信品質が変わらない」と言われたのに、実際に転用してみたら通信速度が遅くなってしまったなんて話をよく耳にします。


回線自体は何ら変わらないため、通信速度が遅くなる原因はモデムやルーターといった機器の問題でしょう。転用することによりモデムやルーターが変更される事があるため要注意です。できれば機器を変更せずに利用できる事業者を選びたいですね。


比較その【4】契約期間の縛り

転用、または新規契約の際に契約期間を決められてしまうことが多々あります。2年~3年が一般的なのですが、この契約期間中に解約すると高額な違約金が発生し損をしてしまいます。


そんな事にならないためにも、契約期間の縛りのない事業者を選ぶと良いと思います。


比較その【5】信頼性

生活に必要なものだから、事業者を選ぶ際は信頼できるところを選びたいですね。過去の実績、経験が豊富で専門知識の高さが見られる事業者が良いでしょう。


ただ、どんなに実績や経験が豊富であっても執拗な勧誘をしてくる事業者は信頼できません。利用開始手続きを一方的に進めてしまったり、十分な説明がないまま半強制的に契約させようとしたりといった事業者は避けるべきだと思います。まずは比較検討してみましょう。


光コラボ比較/料金編

プロバイダー名 ホーム/マンション総額 備考
転用
OCN 光
5,100円/3,600円 映像見るならOCN光キャンペーン
2年更新型割引
OCN光口コミ詳細へ
転用
【SoftBank 光】 a
5,200円/3,800円 工事費全額負担!無料 おうち割光セット
ソフトバンク光口コミ詳細へ
転用
GMOとくとくBBのドコモ光 a
5,200円/4,000円 セット割で最大5,700円割引 v6プラスで混雑知らず
GMOとくとくBB ドコモ光口コミ詳細へ
転用
So-net 光 コラボレーション
4,000円/2,900円 選べるキャンペーン!割引orAmazon商品券 auセット割で安く
So-net光口コミ詳細へ
転用
DTI 光 a
4,800円/3,600円 最大18,000円キャッシュバック SIMセット割、auセット割、東京ガストリプル割で更に安く
DTI光口コミ詳細へ
転用
nifty光なら【nifty光.com】 a
5,200円/3,980円 24ヶ月割引+auセット割/最大20,000円還元 v6プラスで混雑知らず
nifty光口コミ詳細へ
転用
excite光 a
4,360円/3,360円 エキサイト光口コミ詳細へ
転用
【U-NEXT光コラボレーション】 a
ミス・モノクローム直筆サイン入りプレゼント

光コラボの料金を比較しますと、どこを比べてもほーむでは5,200円以下、マンションでは3,800円以下に収まってます。


ざっと見た感じでSo-net光が一番安いって思われたかも知れません。しかし、これは条件付きなのです。auスマホをお持ちの方ならば割引されて安くなるという事です。


条件付きでなければ、U-NEXT光が一番安い料金という事になります。単純にこれだけでは決められないと思うでしょう。


光コラボ比較/付加サービス編

プロバイダー名 ホーム/マンション総額 備考
転用
OCN 光
おまかせマルチパック(おまかせサポート、セキュリティ対策ソフトなど) OCNモバイルONE適用割引
gooポイント
転用
So-net 光 コラボレーション
So-net光コラボテレビ
So-netポイント
カスペルスキーマルチプラットフォームセキュリティ
転用
excite光 a
エキサイト光リモートサポート エキサイト光テレビ
転用
【SoftBank 光】 a
Yahoo!BB基本サービス
転用
【U-NEXT光コラボレーション】 a
U-NEXT光リモートサポート U-NEXT光テレビ

光コラボの付加サービスを比較しますと、リモートサポートと光テレビはどこでもあるように感じます。電話に関してはすべて揃ってますので、表では省きました。


OCN光とSo-net光にあるポイント制度は、月額料金を支払うたびにポイントが貯まるものです。または、関連するサービスを利用しても貯まります。ポイントを利用して月額料金に充てたりしてお得に使えるものです。


ソフトバンク光のYahoo!BB基本サービスってのは、会社が同じですので、Yahoo!BBのサービスであるメールやヤフオク、ショッピングなどで特典などが貰えるお得なサービスです。


イメージ画像

光コラボは乗り換え出来る?!

光コラボレーションを略して、光コラボと呼ぶ事があります。発売開始から1年以上が経ちました。そこで、光コラボを乗り換える事が出来るのかも含め紹介させていただきます。


まず、光コラボとはどの様なものかと言いますと、フレッツ光を基にしたもので、プロバイダー各社や光コラボレーション事業社がNTTからフレッツ光回線を借りてサービス展開をしてるものです。


まだ、フレッツ光回線を自宅や利用される場所に開通されてない場合は、工事をしなければなりません。この場合、光コラボを利用しようとする事業社へ申し込みをします。


フレッツ光回線工事が終了すると開通し、光コラボ事業社からIDとパスワードを通知してもらいましたら、インターネットを楽しむ事が出来ます。最短なところでは工事終了と同時にインターネットが始められます。


今までなら、フレッツ光とプロバイダーは別々の会社で契約しなければならず、料金もサポートも別々でした。が、光コラボの場合は、すべて光コラボ事業社が行いますので、とてもわかりやすく便利となったのです。


が、そこには光コラボの落とし穴があります。乗り換えが不便になったというのです。フレッツ光とプロバイダーの別々の頃は、プロバイダーのみ乗り換えが可能でした。


しかし、光コラボにしますと、すべて同じ会社に属しますので、プロバイダーのみを乗り換える事が不可能となったのです。そのために、解約をすると、また最初から別の光コラボ事業社への契約をしなければならなくなったのです。


この場合、キャンペーンは不適用となり、高い工事費を払って最初からフレッツ光工事をしなければなりません。


光コラボ比較関連最新記事

2017年11月16日光コラボ

光コラボに乗り換えるならどこが良いか。おすすめは?

2017年10月30日光コラボ

2017年10月30日私のネット体験談

2017年9月28日光コラボ

おすすめの格安光コラボはどこ?

2017年8月25日光コラボ

東京都三鷹市で選ぶ光コラボはOCN光で決まり!

2017年8月24日光コラボ

焦らずにインターネットが接続できない原因を探す

2017年8月18日光コラボ

東京都町田市で選ばれている光コラボについて

2017年8月10日光コラボ

東京都福生市でおすすめされている光コラボ

2017年8月3日光コラボ

東京都府中市で選びたい光コラボ OCN光のメリット・デメリット

2017年7月24日光コラボ

東京都日野市のみなさまへ~おすすめの光コラボ

2017年7月19日光コラボ

光コラボを東京都東大和市で選ぶのなら

2017年7月18日光コラボ

光コラボ、スマートフォンとセットの割引でお得な乗り換え先は?

2017年7月13日光コラボ

格安光コラボはどこだ!

2017年7月10日光コラボ

東京都東村山市 おすすめの光コラボは

2017年7月6日光コラボ

東京都東久留米市でぜひ利用したい光コラボとは

2017年7月4日光コラボ

東京都羽村市で選ぶ光コラボはコレ!

2017年6月30日光コラボ

東京都八王子市で選ぶ光コラボならOCN光が一番

2017年6月28日光コラボ

OCN光が一番おすすめ!~東京都西東京市で光コラボをお探しの方へ

2017年6月26日光コラボ

東京都調布市にお住まいの方へ~おすすめの光コラボ

2017年6月22日光コラボ

東京都立川市でおすすめの光コラボは

2017年6月20日光コラボ

東京都狛江市で光コラボをお探しの方へ

2017年6月16日光コラボ

東京都小平市で光コラボを選ぶならOCN光!

2017年6月12日光コラボ

東京都国分寺市で光コラボを選ぶのなら

2017年6月8日光コラボ

東京都小金井市で光コラボをお探しの方へ

2017年5月31日光コラボ

光コラボ 東京都あきる野市で選ぶならOCN光がおすすめ

2017年5月29日光コラボ

栃木県鹿沼市で選びたい光コラボ

2017年5月22日光コラボ

栃木県小山市でおすすめの光コラボ

2017年5月19日光コラボ

栃木県大田原市でおすすめの光コラボ

2017年5月15日光コラボ

栃木県宇都宮市で使えるお得な光コラボは?

2017年5月8日光コラボ

栃木県足利市で便利な光コラボ

2017年5月3日光コラボ

初月無料でさらにお得! 福島県本宮市でおすすめの光コラボ

2017年5月1日光コラボ

福島県南相馬市で利用できる、乗り換え・新規契約がお得な光コラボ

2017年4月24日光コラボ

福島県福島市で使える、本当にお得な光コラボ

2017年4月21日光コラボ

携帯料金と合わせてお得! 福島県二本松市でおすすめできる光コラボは?

2017年4月20日光コラボ

携帯料金も合わせてお得に! 福島県田村市でおすすめの光コラボ

2017年4月19日光コラボ

光コラボ、福島県伊達市でお得に使える光コラボ

2017年4月15日光コラボ

光コラボ、福島県須賀川市でおすすめなのはOCN光!

2017年4月12日光コラボ

福島県相馬市で快適に使える光コラボといえば?

2017年4月11日光コラボ

福島県白河市でも光コラボへの乗り換えがお得!

2017年4月10日光コラボ

光コラボで福島県郡山市でも快適インターネット!

2017年4月7日光コラボ

福島県喜多方市での光インターネットはぜひ光コラボで!

2017年4月5日光コラボ

福島県いわき市でもインターネットなら光コラボが便利!

2017年4月4日光コラボ

福島県会津若松市でお得にインターネットを楽しむなら光コラボがおすすめ!

2017年4月3日光コラボ

山形県米沢市でも光コラボをお得に活用しよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ